太陽TOP 月
御伽の木樵
埼玉県川越市天台宗妙善寺世話役
世界遺産学士
地球の旅クラブ

<プロフィル>
私は、人類の文明とは何かという問題に長年興味を抱き、研究と思索を重ねていく過程で、以下の3つの事柄を発見しその内容に確信を持つようになりました。

・地殻が人間精神を生む
文明にはその構築に携わった人々の人間精神が反映する。人間精神はその人たちが何世代にもわたって生活していた土地を支える地殻の働きによって育まれる。それゆえに地殻の働きと人間精神との関係を正しく理解することにより、世界に現れた諸々の文明の本質を正しく把握することが出来る。

・頂点俯瞰主義
ヒマラヤ山脈が地上に最も高く隆起した山岳地帯であるのと同様に、ヒマラヤ山脈の麓で育まれた精神が人間精神の頂点を生み出した。その精神はヒマラヤ山脈の麓に住みついたアーリア人に受け継がれ、バラモン教ウパニシャッド思想、仏教、ジャイナ教を生み出した。これら三者が共有する思想こそが人間精神の頂点である。それは、一言で表すならば「心が消える」ということである。地上において世界を俯瞰しようとするとき、最も高い場所に位置しなければ正しく世界を俯瞰できないのと同様に、人間の生み出したすべての思想や価値観も、それらを頂点の位置から俯瞰しなければ正しく捉えることは出来ない。それゆえに、人間の全思想は頂点に位置する古代インドの思想から俯瞰されなければならない。

・人間進化のプロセス
人間進化の全プロセスは、ブッダが比丘達に語った以下の二つの語の中に集約される。
「立て、そして座れ。」
直立二足歩行という姿勢は人間進化の完成ではなく途上である。この姿勢に熟達すると身体をコントロールし、複雑な運動能力を発達させることができる。しかし、脳機能の深いレベルでのコントロールはできない。脳の制御にふさわしい姿勢、それが座るという姿勢である。座るという姿勢による脳の制御技術はインドを中心とした東洋と呼ばれる地域においてのみ一部の人々によって徹底して追求された。
現代、直立二足歩行しか出来ないタイプの人々によって発展した文明、すなわちギリシャ・ローマ型文明の生み出した思想・価値観によって全地球が支配され、グローバル化が推し進められようとしているかのように見える。しかし、これは成功しないと考えられる。なぜなら、この思想は人間精神の頂点に位置してるわけでもなく、正しく人間自身を理解していくことすら出来ないためである。文明は進化すれども、人間自体は進化せずむしろ退化した。これがギリシャ・ローマ型文明の結論のようである。 人類の未来が切り開かれていくためには、人間自身が進化する文明へと移行していかなければならない。

これら3つの発見は、私にとって面白すぎる内容でした。そこで、これら3つの発見を物的証拠とともに論証し、さらに統合知の創造へとつなげていく。これが私自身のライフワークと定まりました。